m-job エムジョブ

転職支援 “仕事応援”サイト

居酒屋を開業するのにかかる資金の目安は?必要な資格って?

投稿日:

居酒屋開業にかかる資金の目安

居酒屋開業にかかる資金の目安ですが、一般的に1000万円は必要と言われています。

ただし店舗の大きさや物件によっても金額は様々で、これ以上かかる場合もこれ以下に抑えることも可能。

【かかる金額の内訳】

物件所得費(保証金/礼金/仲介手数料など)…家賃の10倍程度

内装工事費…一坪あたり30~60万円が目安

厨房機器…業務用冷蔵庫や製氷機などで、台数によって違いがある

備品類…食器や調理器具など

広告宣伝費…広告媒体やチラシ、看板などの費用

また物件の種類がスケルトンか居抜きかでも金額は大きく変わります。

開業費用を極力抑えたい場合は、居抜きの物件を選ぶと良いでしょう。

居抜きとスケルトンどっちが得なの??

飲食店を100万円以下で開業する

居抜き物件を利用することで初期費用を大幅に削減することが可能です。

  • 小さい店かつ内装をいじらないでも営業ができる。
  • 残置物として厨房機器などが揃っている。
  • 備品類も利用可能な状態で残っている。

このような場合であれば開業費用をあまりかけずに飲食店を始めることができます。

ただし自分のやりたいお店のコンセプトと大きく離れた内装デザインである場合は注意が必要。

また電気やガスを契約した後に残置物が動かず利用できない場合などもあります。これらの点は加味して物件を選定するべきです。

居酒屋開業の流れについて

まず開業したい居酒屋のコンセプトを決めましょう。

お店の立地や内装イメージはもちろんのこと、どのような客層をターゲットにどういった商品を販売するのか。

来店してくださったお客にどう感じてもらいたいのかなど、自分のお店のイメージを具現化しておきます。

別サイト:成功するコンセプトはたった『1行』

融資で借り入れを受けるのであれば、事前に事業計画書などを作成しておくことも大切です。

6ヶ月前:物件を契約

資金調達がまだなら仮契約をしておき、物件を仮押さえしておきましょう。

公的融資や銀行融資などが決まれば契約するテイで話を進めることができます。

  • 融資を受ける際は工事費の見積もりなども必要になるので、同時にとっておくとスムーズです。

居抜き物件で内装工事などを入れる予定のない場合は、物件の契約は2ヶ月ほど前でも十分かと思います。

また物件の契約の際にカラ家賃(営業が始まっていない時にかかる家賃)が発生しないよう、家主と話し合うことも大事です。

4ヶ月前:外装・内装工事申請

外装や内装の工事を行う場合は多めに見積もって4ヶ月前を基準に。

水管やガス管、電気系統の工事までが必要なスケルトンの物件であれば、工事期間は長くなります。

また地域の保健所によって飲食店の許可内容に違いがあるため、あらかじめ審査内容を把握しておきましょう。

※保健所の審査基準を満たす内装にしなければ、やり直しになってしまうこともあります。

3ヶ月前:改修工事を実施

申請した内容を元にお店を造る段階です。

時折店に顔を出し、イメージ通りになるよう工事業者と話し合いながら行います。

目安として3ヶ月前と記述しておりますが、業者によってスピードも違うため、あらかじめ営業予定日に合わせて工事を行ってもらうようにしましょう。

2ヶ月前:スタッフの募集や広告媒体の調節

営業するのに必要な人材の募集や、集客にかける広告などの調整を行います。

グルメサイトに掲載したり、チラシを撒いたりするのはこの時期に行うのがベスト。

1ヶ月前:備品などの受け入れ・保健所への申請

工事が終わる予定日に厨房機器や備品などの納品を合わせておくとスムーズです。

お店の固定電話や、水道ガス電気なども契約しておくと良いでしょう。

備品などを受け入れ準備した段階で、同時に保健所へ営業許可の申請を行っておきます。

保健所からの立ち入り検査が終われば、お店をオープンすることが可能です。

飲食店開業に必要な資格って?

飲食店開業に必要なのは下記の3つです。

1.食品衛生責任者

1日の6時間の衛生講習を受ければ取得が可能。受講費用は1万円ほどで調理師免許などがあれば不必要な資格。

2.防火管理者

収容人数が30名以上の飲食店の場合は取得義務があり、1〜2日の講習で取得が可能。受講費用は6000円〜9000円と地域によって差がある。

3.営業許可証

保健所に申請し店舗の見取り図の提出後、手数料を支払うことで営業許可の申請が可能。保健所の立ち入り検査をし審査基準を満たしていれば、許可がおり営業が可能に。

開業後潰れないお店にするには…

飲食店は独立し開業するのに初期費用が高額な業種です。

かけた初期費用を回収できるだけの強みがお店に無いといけません。

競合店も多く顧客争いも盛んな飲食業で生き残るためには、他店を圧倒するコンセプトや経営戦略が必須。

単純に居酒屋をオープンさせたいという思いだけでは長続きする業態ではありません。

新規客をつけるための広告戦略や、リピートをつけるための施策など、日々切磋琢磨し営業に望まなければいけないでしょう。

The following two tabs change content below.
兵庫県出身の大阪育ちです! 飲食店経営や、会社員としてマネージャー等の管理職経験も豊富。 横のつながりから得た知識を元に日々ブログに奮闘中!! 「いつもご拝読いただきありがとうございます!」
【貴方の市場価値を調べるアプリ↓↓】

-独立開業支援〜Independent opening
-,

Copyright© m-job エムジョブ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.