m-job エムジョブ

転職支援 “仕事応援”サイト

居抜きとスケルトンどっちが得なの??

投稿日:

居抜き物件とスケルトンって何?

開業する際の物件で居抜き物件とスケルトン物件というものがあります。

  • 【居抜きの物件】
    前の経営者が内装や設備をそのままで撤退している物件。
  • 【スケルトンの物件】
    何もない状態の物件。コンクリートと骨組みだけの状態のもののことを指します。

物件を探す際に非常に重要なこの2種類の違いについて、把握しておかなければなりません。

居抜きとスケルトンの違いって?

居抜きとスケルトンの違いについて簡単に表にまとめてみました。

比較項目 居抜きの物件 スケルトンの物件
必要資金 コンセプトが合えば低予算で開業が可能 1から創るのでお金がかかる
オープンにかかる時間 比較的早く開業が可能 時間がかかる
レイアウト・デザイン性 あまり自由にできない 自分の好きなようにできる
開業申請時 業態が一緒であれば審査済みのためラク 業態の審査基準に基づいて店舗創りをしなければならない
設備資材 前テナントの資材が残っている為、見極めが重要 1から新調するので減価償却等、見込みが立てやすい
退去時 契約内容によりますが、基本居抜きで退去は可能 基本的に原状回復で、退去にも費用がかかる

スケルトンでの開業でかかる費用の目安

費用の目安に関してですが、業種によって様々です。

一坪あたりだいたいどのぐらいかかるのかの目安について、下記にまとめていきます。

  • <坪単価10〜20万円の業種>
    小売業、オフィスワーク全般、販売業など
  • <坪単価20〜30万円の業種>
    美容系のサロン、理髪店や美容院など
  • <坪単価30〜40万円の業種>
    飲食店全般、また医療系など
  • <それ以上の業種>
    アミューズメントなど

小売業やオフィスワークなど内装費にお金がかかりづらく坪単価は安めです。美容院や美容系のサロンであれば水回りの工事や専用の機材にお金がかかり少し高くなり、飲食業全般では内装や厨房設備に多額のお金が動きます。

居抜き物件を活用することで費用を抑える

坪単価が高く開業にお金がかかってしまう業種も、居抜き物件を活用することで費用を抑えることができます。

自分のコンセプトにあった居抜きの内装や設備があるところが望ましく、立地も込みでベストな物件を時間をかけて探しましょう。

逆に居抜き物件であれば必ず得するのかというとそうではありません。自分のコンセプトと合わなかったり、設備の見極めができていなかったりすれば、スケルトンで開業するより高く費用がかかってしまうことも。

居抜きで契約しスケルトンよりはるかに費用を抑えることができると踏んでから契約しましょう。焦りは禁物です。

スケルトンで理想のお店を創る

居抜き物件は費用を安く抑えることができるメリットがありますが、スケルトンは費用はかかるものの自分の理想のお店を創ることができます。

また居抜き物件での開業は「オーナーが変わった」「看板が変わった」といった印象を持たれることが多く、スケルトンの場合「新しいお店ができた」と印象を持たれます。

その為新規事業で力を入れて広げていきたいと思うのであれば、スケルトンの物件でしっかりと創りこんだ方が良いとされています。

費用を押さえて展開しやすい居抜き物件ですが、オリジナリティを追求するのであればスケルトンの物件がおすすめです。

The following two tabs change content below.
兵庫県出身の大阪育ちです! 飲食店経営や、会社員としてマネージャー等の管理職経験も豊富。 横のつながりから得た知識を元に日々ブログに奮闘中!! 「いつもご拝読いただきありがとうございます!」

-独立開業支援〜Independent opening, 豆知識〜Trivia
-, ,

Copyright© m-job エムジョブ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.