m-job エムジョブ

転職支援 “仕事応援”サイト

【カフェを開業したい】必要な資格やスキルと成功する法則って何?

投稿日:

カフェの開業をしたい!

カフェはトレンドに流されやすいことはご存知でしょうか?

昔ながらの喫茶店『純喫茶』とも言われますが、現代では衰退傾向にあります。時代の波に乗っ取った新しいカフェが次々と出る中、長期間で生き残るのは難易度が高い事業です。

最近では昼はカフェとして経営し、夜はバーなどに移行するなど業態そのものに変化をつける経営のやり方など新しいものも増えてきています。

カフェ開業に必要な資格や申請って?

カフェの開業に必要な資格は何があるでしょうか?

食品衛生責任者

飲食店を開業する上で必ず必要になってくる資格です。各都道府県の食品衛生協会が開催する講習で、受講料は約1万円。

1日講習を受けるだけで取得が可能で、調理師免許があれば取得の必要はありません。

菓子製造業許可申請

自分のお店でお菓子やパンを製造するのであれば必要です。お店の改装前にあらかじめ保健所で話を伺い、規定に基づいたお店造りをする必要があります。

「お店できた!でも許可が通らないって?」

もしそうなれば追加で改装費がかさむことも少なくありません。パンやお菓子の販売を考えるのであれば注意が必要です。

営業許可証

『飲食店営業許可』と『喫茶店営業許可』があり、自分のカフェに合わせて許可をとる必要があります。

『飲食店営業許可』…きちんと料理をする&お酒の提供も考えている。

『喫茶店営業許可』…トーストなどの軽食のみ&お酒の提供はなし。

提供する商品から許可の内容が変わってきます。

喫茶店営業許可の方が保健所の規定が少なく簡単にとることができ、飲食店営業許可は設備の規定が多く厳しめです。

後々に改装費用がかさむことにもなりうる為、許可申請の前に保健所で規定を伺い、審査を通すポイントに応じて内装工事を行いましょう。

防火管理者

30人以上お客さんが入るキャパの物件であれば防火管理の資格が必要です。

  • 面積300平方メートル以上の店舗⇨甲種講習
  • 面積300平方メートル以内の店舗⇨乙種講習

日本防火防災協会の主催している講習で、甲種は2日、乙種は1日講習を受けることで取得が可能。

消防署が開催している場合もあるので、最寄りの消防署の日程が合えば比較的楽に所得できます。また料金は6000円〜8000円程度で場所によって金額が少し変わってくることも頭に入れておきましょう。

カフェ開業の初期費用はいくらぐらい必要?

初期費用はいくら必要かきになる人も多いかと思いますが、答えはピンキリです。

一般的な平均であれば500万程度あれば開業ができると言われています。しかしながら”スケルトン”と”居抜き物件”では初期費用のかかる金額が桁違いです。

居抜きとスケルトンどっちが得なの??

自分の思い描く店を作りこむなら500万円では足りないかもしれません。初期費用は抑えれてなんぼだと思いますので、内装費をあまりかけないよう理想の居抜き物件を見つけることも大事かと思います。

カフェ開業は儲かるのか?

カフェの事業は基本的に原価が安く利益が取りやすい商売です。

その分くつろげる空間を提供しなければいけない為、商品の利益率はよくともお客様の回転率が非常に悪いのも特徴。

売り上げを高く伸ばしていくという経営方針ではなく、少ない売り上げでやりくりをし、コストをカットし利益を伸ばしていく方法がメジャーです。

低い客単価を上げ、回転率を上げる施策を思いつくのであればカフェは儲かるかもしれませんが、どちらかといえば安定した収入を求める方が無難かもしれません。

カフェ開業に必要なスキルって?

カフェ開業に必要なスキルは主に接客スキル”と”調理スキルです。

カフェの内容にもよりますが、調理するのであれば美味しい料理を提供できること。また接客業ですので、きちんとした接客スキルが必要です。

しかしながら比較的簡単な仕事内容である為、未経験で開業している人も多く、難易度は易しめであると言ってもいいでしょう。

競合店との差別化を図ろう

”くつろぐことのできる空間”であることを大前提に、他のカフェと違うところを作った方がいいでしょう。

サービスの多様化により顧客に求められることが多くなってきており、周りと同じことをやっていてもうまくはいきづらくなってきています。

近年ではカフェにアジアンテイストを入れたお店や、お酒を提供するカフェなど新しいコンセプトのお店が増えてきているので、時代の流れに乗っ取り新たなコンセプトで勝負していく必要があるといえます。

自分の店だけのオリジナリティを追求し、差別化することで競合店にも負けない店づくりができると思います。

カフェ経営を目指すあなたに。

なるべく初期費用を抑え、安定して収入を得られるよう開業前にしっかり吟味しましょう。

売り上げの見込み、雇う従業員の人件費、設備のリースなどの支払い、賃料など元が取れてなおかつ利益が出るかどうかが重要なポイントです。

また心地の良い空間を提供するとともにリピート客をどうやってつけていくのか、集客方法は何で集客するのかなど、考えなければいけないことは山ほどあります。

カフェ開業を目指すのであれば経営面や帳簿をつけたりの事務作業も同時に行わなければいけないことも頭に入れておきましょう。

The following two tabs change content below.
兵庫県出身の大阪育ちです! 飲食店経営や、会社員としてマネージャー等の管理職経験も豊富。 横のつながりから得た知識を元に日々ブログに奮闘中!! 「いつもご拝読いただきありがとうございます!」

-独立開業支援〜Independent opening
-,

Copyright© m-job エムジョブ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.