m-job エムジョブ

転職支援 “仕事応援”サイト

9つの【仕事辞める理由】と、やめたいと思った時に円満退職する方法

投稿日:

仕事を辞める9つの理由

「仕事をやめたい!」そう思ったことはありますか?思ったことがない人の方が少数派かもしれません。それだけ働く上でストレスや不満も多く、1度や2度は誰でも思ってしまうもの。

世の中の人が退職する理由について様々なシチュエーションがあります。一体どういったことでやめたい!と思ってしまうのでしょうか?

職場の人間関係

やめたい理由に必ず上位に食い込む理由が、職場の人間関係です。些細な問題から上司や部下との仕事の兼ね合いによるストレスなどが主な原因。

それもそのはず、ほとんどが赤の他人です。“性格や仕事のやり方など違って当然”と尊重できる職場であればいいですね。

仕事の内容が合わない

入社時の自分のイメージとのギャップや、キャリアアップに伴い仕事の変化などで、仕事内容が自分と合わないと感じ退職を考えるケース。

仕事内容が合わないと毎日が退屈に感じてしまうもの。いっその事会社に相談し仕事を変えてもらうのも一つの手ではないでしょうか?

労働時間の問題

久しぶりにあった友人に「顔色大丈夫?」と心配される人も少なくはありません。労働時間が長く時間的拘束が長い、というのは退職の理由として多く挙げられます。

体は資本とはよくいいますが、やはり自分自身倒れてしまっては元も子もないので、早急に対処するべきです。

会社の方針が理解できない

長く勤めていけばこの壁に当たることもあります。明らかに会社の方針がおかしいと感じ、この会社で勤めるより他の会社で…と退職を考えることも。

一度様子をみて、やっぱりおかしいと感じるのであれば行動しなければいけないかもしれません。

給料に対する不満

退職の理由として多く挙げられる理由がコレ。やはりなぜ働くか?と問われれば多くの人はお金です。給料が仕事内容と合わないと感じれば退職を考えてしまいます。

明らかに法律違反の罰金などがある会社もあり、給料に関してはシビアな問題とも言えます。

キャリアアップできない

自分自身の意欲が高いと起きる問題です。スキルアップ等も同じで、この会社にいてもと感じ新しい会社に移ることも少なくはありません。

退職し新たな場所でキャリア形成できればいいですが、見極めも大事かと思います。

会社の将来性がない

このままいけば会社はどうなるの?と不満に思い退職を考えるケース。ある意味会社の将来まで見通すことができる人材なので、新たな職場でもうまくやっていける可能性が高いです。

将来性がないと感じるのであれば、退職を視野に行動して言ってもいいかもしれません。

職場環境が悪い

職場の環境が悪いと感じてしまうことも少なくはありません。転職経験者に多く、前の職場と比べ良し悪しがわかってしまうことが主な原因。

会社によっては環境を整えようと努力する所もありますが、利益が出てこその問題なのでまずは自分自身頑張って見ることも大切かもしれません。

転勤などで勤務希望地でない

通勤に時間がかかると時間を無駄にしている気がしますよね?勤務希望の場所ではないところに転勤になったり、単身赴任で他県に飛ばされたりと退職を考えるケースが少なくありません。

希望の地や住み慣れた場所で働きたいと考える人も多く、割と大きい問題とも言えます。

「仕事やめたい」の前に辞めるリスクを考えよう

上記退職理由から退職を考える前に、まずは退職する上でのリスクについて考えてみましょう。

自分の理想の会社だと思い転職しても、いざ入社してみては違った。と感じるケースも少なくありません。

転職し自分の理想の会社で働けるケースはごくごく稀です。やはり働いている上で何かしらの不満が生じてくるもの。

転職理由に関して前向きなイメージを持って活動するのであればいいですが、会社のこれがイヤと後ろ向きなイメージで退職する場合は一度踏みとどまってよく考えてみましょう。

それでも「仕事やめたい」場合に円満退職する方法

一度踏みとどまって考えてみても、やっぱり転職したい。

そう思って退職を切り出そうにもどう伝えていいかわからないこともあります。上手な退職理由の伝え方についてまとめていきますので、退職する際は好印象で円満退職を目指しましょう。

前向きな転職理由を上司に伝える

まずは直属の上司に相談という名目で転職したいという胸を打ち明けましょう。

円満に退職するのであれば直接会社に退職届けを出すのではなく、前もって上司に報告しておくことが大事。後々聞いてないと上司に言われ大きい溝ができてしまうことを防ぐためです。

・働いている上で培った知識を生かして、より専門的な職につきたい。

・資格取得の為に時間が必要。

・開業に伴い退職を考えている

・これまでの経験を生かして、次はこういう仕事をしたい。

などの前向きな理由と共に上司に相談、方向しておくのがベターです。退職はやむおえないと感じてもらうことができれば、無理な引き止めを回避することができます。

個人的事情は注意が必要

・家族の介護のため

・引っ越しに伴い退職を考えている

・結婚が決まり相手側の意見を尊重する

・自身の持病、健康状態の悪化

などの個人的な事情の退職理由については注意が必要です。個人的理由で相談すると、それを対処しようと会社側はまず考える為。

引っ越しするのであれば転勤 、病気関連であれば長期休暇からの復帰で話をされてしまうと、断りづらくなってしまします。

不平不満はNG

あくまでも会社で働かせていただいたというスタンスが円満退職には必要不可欠です。

本音と建前と言いますが、不平不満は思っていても口に出すのは控えましょう。基本的には前向きな退職理由で、退職するのがベストと言えます。

The following two tabs change content below.
兵庫県出身の大阪育ちです! 飲食店経営や、会社員としてマネージャー等の管理職経験も豊富。 横のつながりから得た知識を元に日々ブログに奮闘中!! 「いつもご拝読いただきありがとうございます!」

-お仕事応援〜Work support, 豆知識〜Trivia
-

Copyright© m-job エムジョブ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.