m-job エムジョブ

転職支援 “仕事応援”サイト

【40代転職の現実】人生失敗しない為に知っておくべきこと。

投稿日:

40代転職の現実とは

40代で転職を考える人も少なくありません。会社の基盤である役職についている人も多く、中間管理職のストレスから解放されたくもなります。

転職し新たな場所で…と考えることもありますが、正直いって茨の道を進むようなものです。それだけ40代の転職は難しいのが現実。

しかしながら転職に成功している40代もいます。失敗する人と成功するの違いは何でしょうか。

40代に求める能力

企業が40代に求める能力は“マネジメント能力”と“専門性(スキル)”です。今までの経験からのスキルがより専門的であることと、部下の育成ができるマネジメント能力は必須です。

これらの能力を身につけておかなければ、転職はしない方が良いと考えて良いでしょう。

そもそも求人が少ない

40代からの求人はそもそも少なく転職活動が難しいです。中間管理職が多い40代で退職すること自体が少ない為、求人自体が出てきづらいです。若手の成長スピードも早く、ポストが空けば下の者から上がっていくのはどこの企業でも一緒で、なかなか求人をかけるまでは行き着きません

その為理想の会社に転職というのは、大変困難な道だとも言えます。

転職する理由

転職する理由は“キャリアアップ”と“やりたいことを探す”の二極化すると言われています。収入アップを目指しているのか、労務環境の改善を目指しているのか、それぞれ思考は違えど理由は『前向き』であること。

例えば上司が嫌、仕事がしんどいなどの『後ろ向き』な理由であれば転職する理由には当たらず、見送り現職の環境改善に勤めるべきです。

転職に失敗する人

40代転職で失敗してしまう人の特徴があります。転職に失敗してしまわないように、転職前に必ず頭に入れておかなければなりません。どのようなことで失敗しているのか?主に3つが挙げられます。

自分自身の市場価値の調査不足

自分自身の市場価値がどれだけあるのか?これを転職前に把握した上で活動を行うべき。スキルに専門性があり、新たな職場でどこまで活躍していけるのかを自分なりに分析してみましょう。

周りと比べて差別化できていないと感じるのであれば、転職は見送り在職中にスキルをもっと磨くべきです。転職でプラスにならないのであれば転職するべきではありません。

理想と現実のギャップ

入社前に念入りに調べた会社も、入ってみると全然違うというのはザラにあります。理想が高いと失敗したと感じてしまうので、あらかじめ自分自身で妥協点を決めておくべき。例)給料が上がれば役職は少し下がってもいい。

自分自身の理想に完璧に当てはまる会社はないと思っておきましょう。

転職経験が少ない

転職経験が少なく企業の良し悪しが判断つきにくく失敗してしまいます。転職のノウハウがなく、履歴書や職務経歴書の書き方、面接での対応力もレベルが劣っている傾向があります。

少しでも転職の経験があれば、過去の事例から判断できることも多い為、ある程度の経験は必要不可欠です。しかしながら転職経験が過度の場合はまず門前払を食らうことも多いので注意が必要。

転職に成功する人

40代転職で成功したという人も中にはいます。成功の度合いは人それぞれ違うと思いますが、転職で自分の理想に近づけた人は失敗する人と何が違うのでしょうか。

マネジメント能力が高い、経験がある

管理職の経験がありマネジメント経験が豊富であればあるほど、企業からの需要が高くなる傾向があります。若手は主に現場で、年齢を増すごとに管理業務へとシフトしていくのが一般的。

経験が乏しければ現職でもう少し能力を上げ実績をつくってから転職活動しても遅くはありません。

専門的スキルや知識がある

他者と比べて抜き出ている部分があれば、企業に対して需要はあります。専門的スキルで業種によりますが、転職で年収が大幅に上がることも。

逆に他者と同じかそれ以下であると、転職活動は極めて難しくなります。スキルや知識が若手よりも充実しているからこそ、40代でも転職で需要があるというもの。

転職で成功するには差別化できる部分が必須です。

前向きで協調性がある

スキルや能力もさることながら、企業側が重視するのはその人の“ひとがら”です。新しい職場で馴染める人材、柔軟性があり物事に取り組む力があるかも重要。

また転職する理由が自分自身の向上などの前向きな理由でないと、転職には必ず失敗します。前向きな姿勢で協調性がある人材でなければなりません。

転職期間は在職しながら長期的に考える

40代であれば転職は時間がつきものです。すぐにパパッと決まることは稀で、時間がどうしてもかかってきます。

その為在職しながら転職活動を行うのがベスト。体力的にはきつくなりますが、退職してから探すよりも精神的に楽です。

転職する際に新たな目標を立てるのであれば、それ相応のスキルを磨いたり資格をとったりと、長期間で考えながらしっかりと計画を練りましょう。

なるべく転職にストレスをかけたくない

転職活動においてストレスは多少なりとも必ずかかります。主に時間が一番のネックで、40代ともなれば書類選考に何度も落ちてしまうのが一般的です。

「また書類作り直しか…」と気分が滅入ってしまい、自分自身のモチベーション低下にも繋がりかねません。転職する際は書類選考から日程の調節、給与交渉までを無料で行う転職エージェントに登録し、時間的ストレスを溜め込まないようにしましょう。

転職エージェントを利用する理由はもう一つあり、40代の求人は転職エージェントの方が豊富である場合が多い為。転職活動時に活用するべきです。
40代転職おすすめビズリーチ まずは無料登録から。

まとめ

40代で転職は厳しいところが多い。失敗しない為にも自分自身の市場価値を分析し、足りないようであれば価値を上げる努力をしなければなりません。

転職で成功した人はそれ相応の経験や知識を持っており、他者と比べて差別化できていたからです。差別化できていなければ転職はしない方が無難。

転職活動は長期的に考え、ストレスを軽減する為にも転職エージェントを利用するのも一つの手です。より良い人生を送る為にも、転職で仕事を変えるのも良いかもしれません。

The following two tabs change content below.
兵庫県出身の大阪育ちです! 飲食店経営や、会社員としてマネージャー等の管理職経験も豊富。 横のつながりから得た知識を元に日々ブログに奮闘中!! 「いつもご拝読いただきありがとうございます!」

-お仕事応援〜Work support, 転職支援〜Job change
-, ,

Copyright© m-job エムジョブ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.