m-job エムジョブ

転職支援 “仕事応援”サイト

【経理事務へ転職を考える】経理の仕事って何するの?

投稿日:

経理事務の仕事って?

経理事務の仕事はその名の通り、経理に関する事務作業をすると言うことです。具体的にいうのであれば、会社の毎日の記録を、数字で表し管理すること。

会社の資産や売り上げ、従業員の給料関係などを毎日記録をつけていく作業を行う仕事であり、会社にとっては非常に重要な役目といえます。

基本的にはデスクワークで、パソコンとにらめっこしながら会社の活動を数字で表していきます。

経理に必要な資格って?

経理事務で働きたいと考えるのであれば、資格が必要なのかが気になりますよね。

結論からいうと「資格は必要ありません!」

しかしながら即戦力を求める企業であれば持っていて損はない資格がありますので、場合によってはとっておいたほうがいいでしょう。

日商簿記検定

経理事務で働く上で持っておくべき資格です。帳簿をつけるという作業をする簿記ですが、3級あれば一般事務で十分通用します。2級以上は難しいと言われていますが、勉強し取得しておいても損はしません。

その他に持っていれば得する資格としては以下のものです。

  • MOS マイクロソフト オフィス スペシャリスト
  • 文書情報管理士
  • 給与計算実務能力検定
  • FP ファイナンシャルプランナー
  • 経理・財務スキル検定

この辺りの資格を持っていれば尚よしです。経験や知識を重要視する経理事務という仕事であり、資格があればあるほど得をします。暇があれば狙ってみるのもいいでしょう。

具体的に何をするの?

経理と言っても多種多様であり、会社によってどこまでの範囲をやればいいのかが変わってきます。ほとんどの会社でやらなければならない会計の仕事についてまとめていきます。

仕入れのやりとりの記録

会社が仕入れたものに関して毎日帳簿をつける仕事です。仕入れたものを支払い方法までしっかりと明記しなければいけません。

買掛金や手形の処理など、ある程度の知識は必要。日々の重要な業務の一つです。

現金や預金のやりとりの記録

会社の現金や預金の動きを管理していく仕事です。同時に請求書や領収書の発行も業務の一つ。整理や仕分け作業も行います。

会社の資産の管理

会社の備品などの資産の管理を行います。額によっては消耗品で処理する場合と、減価償却といって長年に渡って償却しなければいけない処理の方法があります。

そのためこちらも知識が必要不可欠であるため、簿記などの資格があれば有利です。

従業員の給与や保険等の支払い

従業員の給与計算も毎月の業務です。また年末調整などの業務も行います。

社会保険など保険の計算や税金の納付なども同時にやらなければならない仕事です。

会社の財務状況の管理

毎月の月次決算や一年の年次決算を行います。毎日つけた帳簿をまとめて計算し決済を行う仕事です。

ほとんどの会社ではフォーマットがあり、比較的簡単にすることが可能になりましたが、ミスの許されない仕事です。

経理に向いている人

いったいどのような人が経理の仕事に向いているのでしょうか?

  1. 冷静かつ慎重に物事をするめることができる
  2. 几帳面な性格の持ち主
  3. 集中力がある
  4. コミュニケーション能力がある

またパソコンでの管理が主流であるため、パソコンのスキルもある程度は必要です。

経理には向かない人

経理に向いていない人、長続きしない人は目指すべきではありません。向かない人の特徴はこちら。

  1. 数字が苦手
  2. 単純作業が飽きてしまう
  3. 変化が欲しい人

これらに当てはまる人は向いているとは言えません。毎日細かい作業を繰り返し行う仕事ですので、向き不向きが分かれる仕事ともいえます。

経理の仕事で得られるスキル

経理の仕事で得られるスキルはどのようなものがあるでしょうか?

数字に強くなる

日々の会社の動きを数字で帳簿に仕分けを行う仕事であるため、数字に強くなります。慣れないうちは目が痛いだけの数字も、慣れてくればその背景までを見ることも可能。

数字を見ただけで経営の状況や、会社の未来までも想像することができるようになる人もいます。

経営に関して詳しくなる

日々の会社の動きを管理し、数字として帳簿をつけていくので、会社の経営状況がよくわかります。

実際に現場で営業をしているだけでは知ることのできないところまで知ることができる点は、将来の自分の糧になることでしょう。

コミュニケーション能力が身につく

オフィスワークが主なので、周りとのコミニュケーションが欠かせません。上司や部下と毎日同じ箱の中で生活をともにするわけですから、それだけ能力が身についてきます。

人間関係が苦手であれば向かないかもしれませんが、周りとの関係性を円滑にできる能力が身につきます。

知識が増えればキャリアアップも可能

会社で働く上で身につくスキルを土台にスキルアップすることも可能。簿記などであればより深いところまでできるようになれば、公認会計士などの道も得られます。

数字に強くなり簿記の資格を並行して取得し、税理士などを目指す人もおられます。

経理事務転職するならジャスネットスタッフ

経理事務へ転職を考えるのであれば登録しておくべき派遣サイトです。経理や会計職に特化したサイトで、エージェントの細やかなサポートも魅力の一つ。

正社員として働く前に、派遣会社を中継に挟んでおくと、労働環境の揉め事も少なくすみます。また派遣の場合だと給料が高めの設定であることも魅力。

「就活して失敗した…」という経験も経理事務の転職では多く、そうならないためにも、派遣として一度働いてみるのも一つの手。求人保有数も特化型サイトのため多く、自ら選定することも可能です。

登録者の声

「ジャスネットスタッフへ登録後、初めての電話面談のお時間を頂戴いたしました。未経験の業種を希望のため、自分自身の転職の方向性がつかめずにおりましたが、お話をさせていただいて、どのような働き方がよいか、イメージできるようになってきました。同時に、具体的な求人のご紹介をいただき、未経験でも可能であること、弱点等もアドバイスいただきましたので、今後勉強したいと思っております。」 <20代女性>

「退職理由も表向きの理由と本当の理由がありましたが、それもざっくばらんに色々と話すことができました。今度、求人サイトから応募した求人の面接があることを伝えたところ、面接のアドバイスもしていただけました。」 <20代女性>

「スキルチェック等をしている短時間に、思っていた以上の数を探していただけました。また面談時に話した条件に入る範囲の中で、ある程度の幅をもった案件を出して頂いたので、比較や今後選ぶ際の目安にもなり良かったです。」 <40代女性>

ジャスネットスタッフはこちら

スキルに自信があるならビズリーチで転職

経理事務のスキルに自信があるならビズリーチで転職活動を行いましょう。即戦力として活躍できるスキルがあるのなら、こういった専門のサイトに登録し転職するべき。

年収の底上げをしたい、キャリアアップを図りたいといった場合に、自分自身の市場価値が高ければ高いほど年収をあげてくれるサイトです。

テレビCMでも有名な大手サイトですのでサポートも充実。満足度も高いので登録しておいて損はありません。

登録者の声

「外資系の経理財務の仕事を求めてビズリーチに登録をしました。 コンサルタントは外国人であったため、かなり細かい部分まで詳細にメールにてやり取りをしました。外国人カウンセラーを使ってよかった最大のメリットは、やはり交渉力が強かったという事です。 現在働いてる会社は、業界的に給料の水準が高くないということを知っていましたが、私の希望年収よりも1割近くダウンする見込みでした。最後の最後、そこがネックになってしまい、サインをする事が難しかったのですが、パフォーマンスをあげる条件付きにて年収を交渉してくれ、希望に近いところにまで持って行ってくれました。 また、毎月1日しか入社日がなかったにもかかわらず、ボーナスを受け取りたい関係で、普段存在しない月の途中での入社の交渉も行ってくれました。面接も数回に分けて行われますが、同じ人と1時間程度の話をしたのでは、社風や方針の詳細がわかりません。 企業とのカルチャーや性格のフィットは、業務内容よりも時として大切な要素になると思います。私はここを非常に重要視していたため、エージェントの人に良いことも悪いことも包み隠さず教えていただけるようにリクエストをしていました。入社した現在は、そのギャップをあまり感じることもなく快適に仕事ができています。これはエージェントを使った最大のメリットだと思っています。」<40代男性>

ビズリーチはこちら

The following two tabs change content below.
兵庫県出身の大阪育ちです! 飲食店経営や、会社員としてマネージャー等の管理職経験も豊富。 横のつながりから得た知識を元に日々ブログに奮闘中!! 「いつもご拝読いただきありがとうございます!」

-転職支援〜Job change
-, ,

Copyright© m-job エムジョブ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.